洗濯洗剤

洗剤・柔軟剤大辞典

ランドリンの臭い対策のポイント|香りと製品それぞれの特徴を使いこなす方法

ランドリンは、自然でラグジュアリーな香りに定評があるファブリックケアブランドです。柔軟剤、ファブリックミスト、ルームディフューザー、加湿器用フレグランスウォーターなど、たくさんの種類の製品が出ています。今回は、ランドリンブランドの香りと製品ごとの特徴と使いこなす方法と、ランドリン ボタニカルの使いこなし方を紹介します
洗剤・柔軟剤大辞典

柔軟剤入り洗剤は本当におすすめ?メリットとデメリット、おすすめ商品10選【2022年版】

柔軟剤入り洗剤はコスパが良い洗濯洗剤ですが、単独の洗濯洗剤や柔軟剤と比べて効果が落ちることはあるのでしょうか。また、柔軟剤と併用しても良いのでしょうか。この記事では、おすすめの柔軟剤入り洗剤と組み合わせにおすすめの柔軟剤について解説します。また、柔軟剤入り洗剤のメリットとデメリット、使いこなすコツについても解説します。
洗剤・柔軟剤大辞典

作業着の油汚れにおすすめの洗濯洗剤|柔軟剤も組み合わせたほうがいい?

オイルやガソリン、グリースなどの作業着の油汚れは、自宅で洗濯は、作業着用洗剤を使ってちょっとした工夫をするだけで、クリーニングしなくても十分落とせます。今回は、作業着の油汚れの落とし方と、おすすめの作業着用洗剤と柔軟剤を紹介します。DIYブームの影響で、作業着を使う人、作業着の洗濯に困っている人は参考にしてください。
洗剤・柔軟剤大辞典

アタックゼロの洗濯で漂白剤は必要?|ワイドハイターの使い分けのコツ

アタックゼロは洗浄力、消臭、防臭効果が高い洗濯洗剤です。ただ、より効果を高めるために漂白剤を併用しても良いか悩んでいる口コミを目にすることもあります。今回はアタックゼロと漂白剤を併用する洗濯方法とアタックゼロの成分、ワイドハイターなどの洗濯用漂白剤の種類と使い分けのポイントについてカジトク編集部の検証のもと解説します。
洗剤・柔軟剤大辞典

ラボン洗剤におすすめの柔軟剤|使い方と組み合わせのコツ

ラボン洗剤は、ラボン柔軟剤とともに女性人気が高い洗濯洗剤、柔軟剤ブランドです。口コミの評価も高く、男性の支持者も少なくありません。今回は、カジトク編集部の検証のもと、ラグジュアリー系の洗濯洗剤「ラボン洗剤」の使い方と柔軟剤との組み合わせのポイントを解説します。お洗濯で洗い上がりの感触や香りにもこだわりたい人は必見です。
洗剤・柔軟剤大辞典

ナノックス ニオイ専用の臭い対策|相性が良いおすすめの柔軟剤とは

ナノックス ニオイ専用は、汗臭、ワキガ臭、ミドル脂臭、生乾き臭などの消臭、防臭に特化した洗濯洗剤です。柔軟剤との相性も良いので、毎日のお洗濯におすすめですが、ネットでは臭い問題の口コミを目にすることもあります。今回は、ナノックス ニオイ専用の臭い問題の対策方法と相性の良い柔軟剤との組み合わせについて解説します。
洗剤・柔軟剤大辞典

アリエール粉末サイエンスプラス7の洗浄力と消臭効果を活かすコツ|すすぎ回数と柔軟剤が臭い問題の解決のポイント

アリエール粉末サイエンスプラス7は粉末タイプの洗濯洗剤で、汚れ落ちと消臭、防臭効果がすぐれています。ただ、軽量スプーンがついていないので洗剤の量がわからない、臭いが気になるといった口コミもあります。今回は、アリエール粉末サイエンスプラス7の臭いやすすぎ回数の解決法と組み合わせにおすすめの柔軟剤について解説します。
洗剤・柔軟剤大辞典

アリエールプロクリーンの臭い対策|相性の良い柔軟剤と使い方、組み合わせのコツ

アリエールプロクリーンは汚れ落ちに特化したアリエールブランドの洗濯洗剤です。抗菌、消臭、防臭効果も高く、汚れや臭いがひどい衣類の洗濯におすすめですが、洗濯後の臭いが気になる「臭い問題」の声があることも事実です。今回は、アリエールプロクリーンの臭い問題の原因と解決方法、相性の良い柔軟剤と組み合わせのコツを解説します。
洗剤・柔軟剤大辞典

アリエールダニよけプラスの効果|相性の良い柔軟剤との組み合わせとダニ対策のコツ

アリエールダニよけプラスは、P&Gアリエールブランドの洗濯洗剤、柔軟剤、ファブリックスプレーです。日本は湿気が多いのでダニアレルギーなどのトラブルが起こりやすいので、洗濯などで簡単にダニ対策ができるなら嬉しいですよね。今回はアリエールダニよけプラスの効果、組み合わせにおすすめの柔軟剤、ダニ対策のコツについて解説します。
洗剤・柔軟剤大辞典

アクロンの特徴とエマールとの違い|相性の良い柔軟剤を組み合わせるコツとは

アクロンと言えばおしゃれ着用洗濯洗剤(中性洗剤)の代表的なブランドです。柔軟剤は必要か、おすすめの柔軟剤はあるかという声を聞きますが、アクロンと相性が良い柔軟剤とはどのような柔軟剤なのでしょうか。ここでは、アクロンの特徴とエマールとの違い、アクロンと相性の良い柔軟剤の組み合わせ、アクロンの使いこなし方を解説します。
タイトルとURLをコピーしました