レンコンの栄養は健康にどう役立つの?

食材大辞典

レンコンは、煮物やきんぴらなどの和食だけでなく、シチューやカレーの具材に使ったり、ハンバーグに混ぜて使ったりもできますし、素揚げして酢豚に入れてもいいですよね。レンコンは結構万能な食材だったります。
今回は、レンコンに期待できる栄養効果と、レンコンを美味しく楽しむための下処理、下ごしらえのコツについて食材大辞典としてまとめています。

レンコンの栄養に期待できる健康効果は?

レンコンには、主に次のような美容と健康に役立つ栄養素がたっぷり含まれています。

便秘予防
  • 不溶性・水溶性食物繊維の両方を含んでいる
  • 腸を刺激して便通を改善するとともに善玉菌を増やして腸内環境を改善する
  • 肥満予防効果も期待できる
老化予防
  • 抗酸化作用のあるポリフェノールの一種タンニン(アク)とビタミンCが豊富
  • 酸化や紫外線のダメージによるシミや老化などを防ぐ
  • レンコンのビタミンCはデンプンで守られているため、加熱しても壊れにくい
美肌効果
  • ビタミンCには、毛髪や爪、皮膚などをつくるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける
  • 肌を黒くするメラニン色素の生成を抑える働きがあり、美肌・美白効果が期待できる
高血圧予防
  • 豊富なカリウムがナトリウムと作用し合うことで体内の水分を調整する
  • 血圧を上げる要因である塩分を体外に排出を助ける
  • むくみや高血圧の予防効果が期待できる

レンコンの保存方法と選ぶときに注意することは?

レンコンの選び方と保存方法のポイントは以下の通りです。

レンコンの選び方のポイント
  • ふっくらとして太いもの、ずっしりと重みを感じるものを選ぶ
  • 表面にツヤがあり、なるべく傷がついていないものがよい
  • 部分的に茶色いシミがあるもの、不自然に色が白っぽいものは避ける
  • カットされているものは、切り口に紫色の部分があるもの、穴の中が黒ずんでいるものは避ける
レンコンの保存方法のポイント
  • レンコンの保存は「乾燥させないこと」がポイント
  • ひと節丸ごとであれば、新聞紙などを濡らして包み、ナイロンやポリ袋に入れ野菜室ではなく冷蔵庫に入れて保存する
  • 泥付きのものはそのまま表面を湿らせ、濡らした新聞紙などに包み冷暗所に置く
  • カットしたものはぴったりとラップに包んで冷蔵庫に入れ、早めに食べる。変色した切り口は薄く切り落として捨てる
  • 冷凍する場合は、保存前に厚めにカットして少し加熱した後、水気を切ってからラップに包み冷凍する

レンコンの下ごしらえのコツは?

レンコンを美味しく食べるには、下処理・下ごしらえが必要です。

下処理・下ごしらえのポイント
  • まず、ピーラーなどで薄く皮をむき、切ったらすぐに酢水か冷水につけてアクを抜き変色を防ぐ
  • 酢水に浸せば粘りが抑えられてシャキシャキ感がでるが、冷水の場合はもちもちとした食感が残るので好みにあわせて使い分ける
  • 穴の中が黒ずんでいる場合は1Lの水にレモン1個を絞った中に30分ほど浸せば白くなる
  • 生でも食べられるが、やさしい味わいに仕上げたいときには皮をむいて2~3mmにスライスし、酢水かレモン水に5分以上浸して色止めし、沸騰している湯で2~3分茹でたほうが良い
  • 茹で上がったらザルに揚げ、そのまま冷ますか冷水にさらして冷えたらすぐに揚げ、水気をキッチンペーパーなどでしっかり取る
  • 水溶性のカリウムを逃さないためには、酢水などに浸すのは5分以内にする

おわりに:便秘の予防や改善、老化予防、美肌効果、むくみ解消や高血圧予防などが期待できます

レンコンには、ビタミンC、カリウム、水溶性・不溶性食物繊維、タンニンなどが豊富に含まれており、便秘の予防や腸内環境の改善、抗酸化作用による老化の予防、コラーゲンの生成などによる美肌・美白効果、むくみや高血圧の予防などが期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました