アクロンの特徴とエマールとの違い|相性の良い柔軟剤を組み合わせるコツとは

アクロンと柔軟剤で洗濯したニットの肌触りに満足している女性洗剤・柔軟剤大辞典

アクロンと言えばおしゃれ着用洗濯洗剤(中性洗剤)の代表的なブランドです。柔軟剤を使ったほうか良いか、どんな組み合わせがおすすめかという声を聞きますが、アクロンと相性が良い柔軟剤とは、どのような柔軟剤なのでしょうか。
ここでは、アクロンの特徴とエマールとの違いとアクロンと相性の良い柔軟剤の組み合わせについて、アクロンの使いこなし方とあわせて解説します。

アクロンに柔軟剤は必要?|エマールや洗濯洗剤と成分は違う?

アクロンは、ポリオキシエチレンアルキルエーテル(界面活性剤)を主成分とした、おしゃれ着用洗濯洗剤(中性洗剤)です。ドライコース、おしゃれ着コースのような弱い水流で洗濯する場合でも、汚れや臭いが落とせるように作られていて、衣類の伸び、ヨレ、テカリ、毛玉などを防ぐことができます。

大切な衣類、傷みやすい衣類の洗濯に使いますが、洗濯機でも手洗いでも使えるので、便利です。ただし、アクロンを使って洗濯機で洗濯する場合は、ドライコース、おしゃれ着コースのような弱い水流でやさしく洗濯するコースを選ぶ必要があります。

アクロンと一般の洗濯洗剤との違い

一般の洗濯洗剤の多くは弱アルカリ性で、アクロンなどのおしゃれ着用洗濯洗剤は中性になっています。これは、アルカリ性のほうが汚れ落ちが良く、中性のほうが衣類や繊維にやさしいからです。

最近は、一般の洗濯洗剤でも中性のものが増えてきましたが、別の洗浄成分や抗菌成分などで洗浄力を高めています。アクロンも、通常の汚れであれば十分落とせるくらいの洗浄力はありますが、一般の洗濯洗剤に比べると洗浄力が落ちます。
その反面、衣類のダメージを防いで長持ちさせるには、アクロンを使って洗濯したほうが良いです。

エマールとの違い

おしゃれ着用洗濯洗剤の代表としては、アクロンとエマールがあります。どちらも主成分はポリオキシエチレンアルキルエーテルなので大きな違いはありません。アクロンとエマールのはっきりわかる違いは、香りぐらいでしょう。

ただし、ポリオキシエチレンアルキルエーテル以外の洗浄成分として、アクロンは直鎖アルキルベンゼンスルホン酸とステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、エマールはアルキルアミドアミンを使っていますので、汚れ落ちと仕上がりには若干違いが出る可能性はあります。

口コミや評価を見る限りでは、アクロンのほうがなめらかな仕上がりになる、エマールのほうが汚れ落ちがよく形をキープできる、といった声が多いようです。

カジトク編集部で試してみたところでは、たしかにニットではそのような結果がでましたが、洗い方も関係してくるため「違いがある」とは断言できませんでした。
アクロンとエマールは、香りの好みと使ってみての好みで選ぶことをおすすめします。

アクロンと相性の良い柔軟剤|組み合わせのポイント

アクロンには柔軟成分が配合されているので、基本的には柔軟剤は必要ありません。アクロンには、フローラルブーケの香りとナチュラルソープの香り(微香タイプ)があり、どちらも人気の香りなので、アクロンの香りを楽しみたい人は、柔軟剤を併用しないほうがいいかもしれません。

もっと香りを楽しみたい、もっと衣類をふんわり仕上げたい場合は、好きな香りの柔軟剤と組み合わせてOKです。
アクロン自体は柔軟剤と組み合わせやすい洗濯洗剤なので、基本的には自分の好みで選んでもらって大丈夫ですが、洗濯洗剤と柔軟剤の組み合わせの基本「同じメーカー同士」か「同じ系統の香り同士」を意識すると、より組み合わせやすくなります。

以下にアクロンと柔軟剤の組み合わせの例を紹介するので、選ぶときの参考にしてください。

アクロン フローラルブーケの香りと組み合わせがおすすめの柔軟剤

アクロン フローラルブーケの香り×ふんわりソフラン
ソフランは、アクロンと同じLionの柔軟剤ブランドです。ふんわりソフランは、香りがやさしいフローラルの香りなので、同じフローラル系のアクロン フローラルブーケの香りと相性が良いです。また、ドライコースや手洗いコースで洗濯してもふんわりしやすい特徴があるので、仕上がりの相乗効果が狙えます。
アクロン フローラルブーケの香り×ソフランアロマリッチ サラ アクアフラワーアロマの香り
ソフランアロマリッチは、咲きたての花のような豊かな香りを楽しめるLionの柔軟剤です。どの香りも組み合わせやすいですが、透明感があり万人にあわせやすいアクアフラワーアロマの香りが使いやすいでしょう。
アクロン フローラルブーケの香り×レノアリセット フレッシュパステルブーケの香り
レノアリセットは、衣類の毛玉やシワ、ヨレなどを防いで長持ちさせる柔軟剤です。他社製品の柔軟剤ではありますが、アクロンの効果の相乗化が狙えるので、衣類を大切にしたい人におすすめの組み合わせです。どの香りも相性が良いですが、さわやかで幅広い層から人気があるフレッシュパステルブーケの香りが組み合わせやすいでしょう。

アクロン ナチュラルソープの香り(微香タイプ)と組み合わせがおすすめの柔軟剤

アクロン ナチュラルソープの香り×ふんわりソフラン
アクロンとふんわりソフランは、同じLionの製品で柔軟効果の相乗化も狙えるので、非常に相性が良い組み合わせです。ソープ系とフローラル系の組み合わせですが、アクロン ナチュラルソープの香りは微香性なので、洗い上がりはふんわりソフランの香りが立つでしょう。
アクロン ナチュラルソープの香り×ソフランアロマリッチ ベル シャイニーシトラスアロマの香り
ナチュラルソープの香りとソフランアロマリッチは、同じメーカーというだけでなく、香りのうえでも組み合わせやすいです。ソープ系と柑橘系の組み合わせは、アクセントがあって元気がでますし、男女どちらも使いやすいメリットもあります。サラ アクアフラワーアロマの香りやジュリエット スイートフローラルアロマの香りがポピュラーな組み合わせかもしれませんが、カジトク編集部としてはベル シャイニーシトラスアロマの香りとの組み合わせをおすすめします。
アクロン ナチュラルソープの香り×レノアリセット ヤマユリ&グリーンブーケの香り
レノアリセットはアクロンとは別のメーカーの柔軟剤ですが、どの香りも組み合わせやすく、衣類を守る効果の相乗化も狙えます。ヤマユリ&グリーンブーケの香りは、微香タイプのナチュラルソープの香りととくに相性が良いです。

アクロンでシミやひどい汚れは落とせる?

アクロンは、おしゃれ着用ではありますが洗濯洗剤なので、普通の汚れであれば十分に落とせます。しかし、油汚れ、食べ物汚れ、血液汚れなどのタンパク質汚れやシミは、洗浄効果が十分でない場合があります。汚れがひどいところは、アクロンの原液をかけてつけ置きしてから洗濯機で洗いましょう。

つけ置きしても落ちないような、油汚れ、食べ物汚れ、血液汚れやシミは、ウタマロクリーナーのような中性で洗浄力が強い洗剤を使って部分洗いをすると落とせることがあります。

また、泥汚れのように溶けない汚れは、繊維の奥にこびりつくので洗濯洗剤だけでは落とせません。やわらかめのブラシでやさしくかき出すように洗い落としてから洗濯機で洗濯しましょう。かき出すときは滑りをよくするために、ポールなどの泥汚れに強い洗剤を使ったほうが良いです。

関連記事:やっかいな血液のシミ、洗濯やシミ抜きで落とせる?

おわりに:アクロンは柔軟剤なしでもOK。組み合わせるならソフランブランドかレノアリセットがおすすめ

アクロンには柔軟成分が配合されているので、基本的には柔軟剤を使わなくても大丈夫です。よりふんわり仕上げたい、香りを楽しみたい、衣類を守る効果を高めたい場合は、ふんわりソフラン、ソフランアロマリッチ、レノアリセットと組み合わせることをおすすめします。もちろん、好きな柔軟剤と組み合わせてもかまいません。

ちなみに、アクロンとエマールとの違いを気にしている声を聞くことがありますが、客観的に見ると若干の違いはあっても、はっきりとわかる違いは出ないと思われます。香りの好みや洗い上がり、使い勝手で選びましょう。

関連記事:ファーファ柔軟剤の組み合わせのコツ|無香料、人気の香りを使いこなす方法は?

Amazon.co.jp: 【まとめ買い 大容量】アクロン おしゃれぎ用洗剤 フローラルブーケの香り 洗濯洗剤 液体 詰め替え 900ml×2個セット : ホーム&キッチン
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、【まとめ買い 大容量】アクロン おしゃれぎ用洗剤 フローラルブーケの香り 洗濯洗剤 液体 詰め替え 900ml×2個セットを ホーム&キッチンストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました