豆苗の栄養効果を活かすにはどう食べればいい?

食材大辞典

豆苗は、比較的安価でありながら栄養満点なお野菜です。家計も助かりますし、健康・美容にも役立つ、とっても使い勝手のよい食材ですよね。
今回は、豆苗の栄養効果や保存方法、栄養を活かして美味しく食べるポイントについて、食材大辞典としてまとめました。

豆苗にはどんな栄養効果があるの?

豆苗(とうみょう)は、日本では一般的にキヌサヤやサトウエンドウなどのスプラウト、つまり水耕栽培した発芽したての根付きの若芽を指します。

タンパク質豊富な豆と緑黄色野菜両方の栄養を併せ持ち、次のような栄養効果があります。

抗酸化ビタミン等によるアンチエイジング
  • ビタミンC、ビタミンE、体内でビタミンAに変わるβカロテンなど抗酸化ビタミンが豊富
  • 相乗効果を発揮しながら老化を予防
  • 骨の形成を助けるビタミンKも含まれ、骨を丈夫にして骨粗しょう症などを予防する
美肌効果
  • ビタミンAは皮膚や粘膜の新陳代謝をうながして肌の潤いを保つ
  • ビタミンCはストレスを緩和し、コラーゲンの生成を助け、肌にハリやツヤを与えシミやソバカスを防ぐ
  • ビタミンEは血行を促進し、顔色を明るくし冷えの悩みを解消する
燃焼促進ビタミンによる疲労回復
  • 糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変えるビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸などのビタミンB群を豊富に含む
  • 疲労を回復し、貧血などを予防し疲れにくい体をつくる
食物繊維によるデトックス
  • 不溶性食物繊維を多く含む
  • 便秘、腸内細菌のバランスを改善
  • 有害物質によるエネルギー代謝の低下を防ぎ、内側からスッキリとした体をつくる

豆苗の選び方と保存方法は?

豆苗の選び方と保存方法のポイントは以下の通りです。

豆苗の選び方のポイント
  • 葉の色が濃い緑のもの、切ったものは切り口が茶色くなっていないものを選ぶ
  • 根つきのものの方が日持ちがよく再収穫できるのでオススメ
豆苗の保存方法のポイント
  • 販売しているものには、植物が呼吸できる特殊なフィルムが使われているので、袋に入れたまま保存してOK
  • 保存するときは、立てた状態で冷蔵庫で保存
  • 開封後のものはビニール袋などに入れて冷蔵庫に置き、なるべく早く食べ切る
  • 根付きのものは、豆の部分より上で刈り採って根の部分を水を張った容器に入れ毎日水を交換すれば、また芽が伸びて再生する

豆苗はどうやって食べるのがおすすめ?

豆苗は、生のままさっと洗ってサラダにすれば、シャキシャキした食感と豆の風味を楽しめます。彩りになるので、他の野菜などと混ぜたりトッピングにしてもいいでしょう。

和え物や汁物の具、炒め物にもよく使われますが、火が通りやすく加熱しすぎると食感がなくなってしまいます。
和え物ならさっと湯通しする程度、汁物には仕上げに入れ、炒め物なら最後に一気に和えるように混ぜましょう。

また、食材の組み合わせでさらに栄養効果を上げることができます。
例えば、新陳代謝や免疫力を上げるならカニ、ホタテ貝、タケノコなどタンパク質や亜鉛を含む食材をプラスし、アンチエイジング効果を上げるならゴマ油やオリーブ油などの植物油やナッツ類を組み合わせるとよいでしょう。

おわりに:タンパク質や亜鉛を含む食材、植物油等との食べ合わせで栄養効果がさらに高まります

豆苗は、豆と緑黄色野菜両方の栄養を併せ持つ食材で、植物性タンパク質、アンチエイジングや美肌効果、疲労回復効果のあるビタミン類、デトックス効果のある食物繊維などを豊富に含みます。新陳代謝や免疫力を上げるタンパク質や亜鉛を含む食材、アンチエイジング効果を上げる植物油やナッツ類を組み合わせれば、さらに効果的に栄養を摂取できます。

Amazon | パリパリ無限豆苗のもと 1食入×10袋セット | 東洋水産 | ごはん・料理の素 通販
パリパリ無限豆苗のもと 1食入×10袋セットがごはん・料理の素ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました