洗濯物の臭いの解決方法 ー 洗剤や柔軟剤以外にも対処法がある?【洗濯の基本】

臭い対策をして洗濯した結果に満足している親子お洗濯のコツ

最近は部屋干しの機会が増えたことから、洗濯後の臭いが気になるという悩みを耳にすることが増えました。洗剤や漂白剤、柔軟剤でも臭いは防げますが、お洗濯に一手間加えるだけで消臭効果が高められることをご存知ですか。
今回は、洗濯後のイヤな臭いの対処法について解説していきます。

洗濯物のイヤな臭いは細菌が原因?

洗濯したのに残るイヤな臭いの原因は、雑菌の繁殖です。菌が繁殖しやすい湿度、温度、栄養素が重なる梅雨の時期や、乾くのに時間がかかる冬場、生乾きになりやすい部屋干しなどで、この臭い菌に悩まされる人は多いのではないでしょうか。

このような洗濯後の悪臭の原因になる雑菌の繁殖には、大きく2つの原因があります。

洗濯物に残った汚れ
  • 洗濯でしっかり落としきれなかった衣類に付いた汗や皮脂などの汚れを菌が食べ、その菌が出した排泄物が臭いの素になる
  • 洗濯したまま長時間放置してしまい落としたはずの雑菌が再び繁殖したり、1枚だけに残った菌が一緒に洗濯したほかの衣類に移って繁殖してしまうこともある
洗濯槽の汚れ
  • 洗濯槽の裏側などに付着した衣類の汚れやホコリ、洗剤カス、カビなどが洗濯物に付いて菌が繁殖する

洗濯物の悪臭防止に役立つ基本の洗濯方法は?

悪臭は、洗浄力、抗菌防臭力の高い洗剤や抗菌効果のある柔軟剤を使うことである程度防げますが、それ以外にも、以下のように「お洗濯の仕方」を工夫することでも防げます。

お洗濯の仕方のポイント

頑固な汚れは事前に落とす
  • 菌の栄養分となる汚れをしっかり落としきるために、衣服に付いた頑固な汚れは洗濯機で洗濯する前に浸け置き洗いをする
  • 汚れに洗剤を直接つけてそのまま洗濯機へ入れる簡単な方法もおすすめ
洗濯物を詰め込み過ぎない
  • 洗濯する時は洗濯槽に衣類を詰め込み過ぎないように注意し、きちんと洗剤の使用量を守る
こまめに洗濯槽を洗う
  • 定期的に洗濯槽クリーナーで洗濯槽を洗い、洗濯後は洗濯機のふたを開けて中を乾かすようにする

臭い対策のために覚えておきたい応用テクニック

臭い対策におすすめの「お洗濯の応用テクニック」としては、次のようなものがあります。

酸素系漂白剤を使う
  • 酸素系漂白剤で浸け置きして除菌し、その後に洗濯する
  • 使う前には色落ちチェックをすること
すすぎは水道水で
  • 風呂の残り湯には雑菌が多く含まれているので、洗濯は良いがすすぎには必ず水道水を使う
洗濯に重曹を使う
  • 洗濯槽に40℃程度のお湯を溜め、水10Lに対して大さじ1杯程度の重曹を溶かしておき、いつもの洗剤で洗濯する
  • 消臭効果のほか、皮脂汚れを落としやすくする

干し方のポイント

お洗濯後の悪臭を防ぐには、干し方にもポイントがあります。

脱水後すぐに干す
  • 脱水後はできるだけ表面が外気に触れるようにして素早く干す
  • 風通しをよくするためハンガーも太めのものを
湿気を飛ばして早く乾かす
  • 風通しの良い日陰に干すか、扇風機の風を当てるなどして湿気を飛ばす
乾燥機を使う
  • 乾燥機で早く乾かす
  • ただし、服が傷む可能性があるので、完全に乾かすのではなく。干す前に「一番低い設定」で10分程かけてから干し、ダメージを抑えて干す時間も短縮する
アイロンをかける
  • 干した洗濯物がある程度乾いた状態で、アイロンをかけて乾く時間を短縮する
  • 干す前にさっとアイロンをかけても、乾く時間は短縮できる
  • スチームで殺菌することで臭いを防げる場合もある

おわりに:頑固な汚れは予洗いし洗濯後はすぐに干して風を通す工夫を。洗濯槽も洗いましょう

洗濯物のイヤな臭いの原因は、衣類の汚れの洗い残しや洗濯槽の汚れによる雑菌の付着と増殖です。頑固な汚れは事前に浸け置き洗いするなどし、洗濯槽は専用クリーナーで洗浄し乾かすようにしましょう。洗濯に酸素系漂白剤や重曹等を足したり、洗ったらすぐに干し風通しを良くするなど工夫しましょう。

関連記事:粉末の洗濯石けんの石けんカスとニオイを解決する方法はある?

Amazon | レノア 本格消臭 デオドラントビーズ スポーツ クールリフレッシュ 本体 特大 885mL | レノア | 液体柔軟剤
レノア 本格消臭 デオドラントビーズ スポーツ クールリフレッシュ 本体 特大 885mLが液体柔軟剤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました