トイレ掃除の基本 ― 場所別の掃除方法と洗剤の使い分けのポイント

トイレ掃除のイメージ画像お掃除のコツ

トイレは、その用途上どうしても汚れやすい場所です。しかも、尿や便が便器についたまま放置してしまうと固まり、尿石などの頑固な汚れになってしまいます。汚れを放置しないためには、毎日こまめに掃除することが大切です。

そこで、この記事ではトイレ掃除に使う洗剤や、準備しておくと便利なグッズ、基本的な場所別の掃除の仕方についてご紹介します。

トイレ掃除は汚れの種類で洗剤を使い分けたほうがいい?

トイレの汚れには主に「黄色い汚れ」と「黒い汚れ」の2種類があり、黄色い汚れは「尿石」、黒い汚れは「黒カビ」です。どちらも尿石や黒カビそのものというわけではなく、水アカ・ホコリ・排泄物・汚物・雑菌・洗剤カスなどが混ざって汚れとなって溜まっているものですが、主な物質によって使う洗剤の種類が変わってきます。

尿石には酸性の洗剤を使おう

主な物質が尿石である「黄色い汚れ」の場合、アルカリ性の汚れなので、洗剤は酸性のものを使います。トイレ用の酸性洗剤を使うか、クエン酸スプレーで掃除します。クエン酸スプレーは食品添加物にも使用されている物質なので、万が一吸い込んだり皮膚にかかったりしても無害で安全に使えます。

クエン酸スプレーは、水1リットルに対して大さじ2〜3杯のクエン酸を入れて作ります。スプレーの容器に移したら、通常の洗剤と同じように黄ばみや汚れが気になる場所にスプレーしていきます。スポンジなどで軽くこすって汚れを落としたら、水で流しておしまいです。

黒い汚れやタンク内は塩素系漂白剤や重曹で

トイレの黒い汚れは黒カビですから、カビ用洗剤や塩素系漂白剤などを使います。より穏やかな効果の洗剤を使いたいときは、同じアルカリ性の重曹を使うのがおすすめです。尿石用と同じ酸性の洗剤を使っても効果が見込めませんので、注意しましょう。

タンクの中にある黒い汚れも同じように黒カビですから、重曹や塩素系漂白剤を使いますが、タンクの中は水・浮き玉・チェーンなどさまざまなものが入っているため、ブラシなどを入れて洗うのではなく、洗剤を入れるだけで構いません。

洗剤を使うときの注意点は?

洗剤を使うときは、酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤を混ぜないよう気をつけましょう。酸性の洗剤と塩素系の漂白剤や重曹、カビ用洗剤を混ぜれば一気に掃除ができる、と考えてしまう人もいるかもしれませんが、これは非常に危険です。酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤を混ぜたり、同じ場所に同時に吹きかけたりすると、有毒ガスが発生して人体に悪影響を及ぼしかねません。

とくに、「まぜるな危険」と書いてあるタイプの洗剤は、他の洗剤と比べて強力な効果が期待できるぶん、混ぜてしまったときの危険性も高い洗剤です。同じ場所に黄色い汚れと黒い汚れが両方ある場合は、酸性かアルカリ性の洗剤を先に使い、よく水で洗い流したり水拭きしたりしてから別の洗剤を使いましょう。

また、このような効果の強い洗剤を使うときは、単体で使っていても必ずトイレのドアや窓を開けるなど、換気をしながら掃除しましょう。換気されない室内でこれらの洗剤を使っていると、場合によっては気分が悪くなることもあります。もし、洗剤のニオイで気持ち悪くなったと感じることがあれば、すぐに掃除を中止して医療機関を受診しましょう。

トイレ掃除で準備しておくと便利なものは?

トイレ掃除をするときに、あると便利なグッズや重曹・クエン酸スプレーについて以下にまとめました。必ずしもすべて揃えなくてはならないものではありませんが、とくに洗剤で気分が悪くなりやすいという人は、ぜひ重曹やクエン酸のスプレーを使って掃除をすると良いでしょう。

キッチンラップ
  • 料理のときに使う透明なラップフィルムを切り取って使う
  • 洗剤をしっかりと便器に広げてなじませたり、スポンジの代わりに使ったりする
ケレン棒またはスクレイパー
  • 固まってしまった尿石を削り取るために使う
  • ブラシでゴシゴシ擦っても落ちない黄色い汚れに使うとよい
使用済み歯ブラシ
  • 手を洗う部分の吐水口の周りなど、細かい部分に使う
  • 水アカの汚れだけなら、クエン酸だけで十分落とすことができる
使い古しの布
  • 使い捨てにできるよう、いらなくなった服などを10センチ角程度に切ってストックしておく
  • 掃除が終わった後も、気づいたときにこの古布でタンクの蓋の水を拭き取っておくと水アカがつきにくくなる
  • ※ティッシュペーパーやトイレットペーパーだと、ちぎれてかえって手間が増える
耐水サンドペーパー
  • ケレン棒やスクレイパーでも落ちなかった頑固な汚れを削り取る(水に濡らして使う)
  • サンドペーパーは便器を傷つけてしまう可能性が高いため、最後の手段として使う
  • ※便器に微細な傷がつくと、掃除直後はキレイになってもその後、かえって汚れやすくなってしまう
メラミンスポンジ
  • 洗剤のいらない掃除用スポンジ、として100円ショップなどでも売られている
  • 便器の外側も内側も磨いて構わないが、樹脂や特殊加工の便器には使えないこともある
  • とくに、プラスチックでできていて光沢がある部分は、メラミンスポンジで磨くとツヤがなくなってしまうことも
  • ※メラミンスポンジのカスを流してしまうとタンクが故障したり、排水口が詰まったりするので流さないように注意する
重曹スプレー
  • 水100mLに対し、小さじ1杯の重曹を入れて作る(※保存できないため、使う分だけ作る)
  • 便の汚れは体調がよい時は弱酸性、肉を多く食べたときはアルカリ性となるため、重曹で落ちなければクエン酸を試してみる
クエン酸(スプレー)
  • 水100mLに対し、小さじ1/2杯のクエン酸を入れて作る(※保存できないため、使う分だけ作る)
  • 尿石など尿の汚れや水アカに使えるほか、消臭・除菌効果もある

頑固な汚れは、基本的にはメラミンスポンジやブラシで擦り、落とせなかったものをケレン棒やスクレイパーで削り取り、それでも落ちない非常に頑固な汚れに対して耐水サンドペーパーを使う、という順番で試していきます。耐水サンドペーパーはその特性上、どうしても便器に微細な傷をつけてしまいますので、掃除の後はキレイになりますが、その傷部分にかえって汚れがつきやすくなり、よりこまめな清掃が必要になってしまうのです。

また、メラミンスポンジは洗剤を使わなくても掃除ができるという手軽さ、安全さで注目されていますが、樹脂でできた便器や、特殊加工してある便器の場合、メラミンスポンジや重曹が使えないものもあります。陶器でない便器の場合は、一度使える洗剤やスポンジの種類を確認しておきましょう。

トイレの場所別、掃除のポイントと注意点は?

トイレの掃除は、まずもっとも汚れやすい便器の内側からスタートし、徐々に外側に向かって掃除していくのが効率的と考えられます。そこで、便器の内側・便座・外側、タンク、床や壁、最後に頻度の少ない換気扇の順に掃除のポイントや注意点について見ていきましょう。

便器の内側の掃除ポイントって?

便器の水が溜まっている部分や、水が出てくるふちの部分は、掃除しにくいためどうしても汚れやすくなります。そこで、毎日の掃除、週に一度の掃除、年に一度の大掃除と、やることを分けて見ていきましょう。いずれの場合も強力な洗剤を使いますので、トイレの扉や窓を開けるのはもちろん、家の窓を開けて外気を通し、十分に換気しながら行いましょう。

まず、毎日の掃除は「酸性の洗剤」または「クエン酸」で行います。毎日つきやすい汚れは尿による黄ばみ(尿石)、すなわちアルカリ性の汚れです。長年溜まった頑固な尿石はクエン酸では落ちにくいですが、ゴシゴシ擦っても落ちにくいので、クエン酸で落ちなければより強い酸性の洗剤をふりかけて溶かし落とすのが効率的です。

そして、週に一度は「カビ用洗剤」や「塩素系漂白剤」「重曹」などで黒ずみを落としましょう。この黒ずみは黒カビが水アカや他の雑菌などと一緒になって便器にこびりついているため、最初にご紹介したように、毎日の掃除と同じ酸性の洗剤では効果が見込めません。アルカリ性の洗剤やカビ用の洗剤を使いましょう。

もし、こびりついた黒ずみが上記の洗剤ではどうしても落ちない、という場合には、「トイレ用研磨剤入りクリームクレンザー」で削り取ります。この洗剤は、表記もされているように研磨剤入りであることから、しつこい汚れもよく落ちる反面、陶器の便器を削ってしまい、傷の部分に汚れが入り込んでかえって汚くなりやすくなってしまいます。

実際に、便器メーカーでは研磨剤入りの洗剤の使用を推奨していませんので、頻繁に使わなくて済むよう、一度研磨剤入りクリームクレンザーでキレイに落としたら、その後はカビ用洗剤や重曹などでこまめに掃除し、黒ずみがこびりつかないように気をつけましょう。

年に一度の大掃除では「耐水性サンドペーパー」や「陶器用研磨パッド」を使います。とは言っても、これらが登場するのは尿石や黒カビ汚れが長年溜まってこびりつき、どうしても落ちないという場合です。酸性の洗剤やカビ用洗剤、重曹やクエン酸などで十分落ちるようであれば、無理に使わなくても構いません。

というのも、前述の研磨剤入りクリームクレンザーと同様に、サンドペーパーや研磨パッドはしつこい汚れも削り落とせる反面、便器自体も削ってしまうため、擦るたびに微細な傷がついてしまい、掃除の後は傷に汚れが入り込んでより汚れやすくなってしまうからです。あまりに傷がつきすぎると、最終的には割れてしまう可能性もありますので、使いすぎないよう十分に注意しましょう。

便座や便器の外側の掃除ポイントって?

便座の表面は座る部分ですから、日頃から掃除の意識も向きやすい場所です。一方で、意外と目が向かないのが便座の裏側で、汚れが溜まりやすくなっています。一週間に一度、便器の内側の黒ずみを掃除するタイミングで拭き掃除をすると良いでしょう。具体的には、家庭用洗剤をいらない布にスプレーし、拭いていきます。使い終わった布はそのまま捨ててしまいましょう。

洗浄機能付き便座の場合、ノズルの掃除をする必要があります。「ノズル掃除」のボタンを押してノズルを引き出し、家庭用洗剤をつけて掃除します。ノズルのゴミを掻き出せる便利グッズもたくさん売られていますが、使い古しのいらない歯ブラシも十分使えますので、使いやすいものを使いましょう。

便器の外側も、便座の裏側と同じように家庭用洗剤をいらない布にスプレーし、拭いていきます。丸くてデコボコとした形をしているため、少し掃除しにくい部分ではありますが、拭き残しのないよう注意して拭いていきましょう。とくに、トイレトレーニング中の子どもがいる家庭などでは正面部分が汚れがちですので、ていねいに拭き上げましょう。

タンクの掃除ポイントって?

トイレのタンクは、中→フタ→外側と、これも中から外の順に掃除していきます。まず、タンクの中にはレバーを回すと水が流れるよう、浮き球と水が溜まっています。最初に軽く触れましたが、これらを一つひとつ掃除するのは難しいですから、タンクの中に洗剤を入れて掃除を行うだけで構いません。

入れる洗剤は、市販の「タンクに入れるだけ」というタイプの洗剤はもちろん、「寝る前にタンクの中にコップ一杯ほどの重曹を入れておく」という方法もあります。洗剤の場合は取り扱い説明書に従って使いますが、重曹の場合はなるべく長時間タンク内で汚れを分解した方が良いため、トイレが使われにくい時間帯に入れましょう。

タンク内の黒カビがひどい場合は「寝る前にコップ半分ほどの塩素系漂白剤を入れておく」という方法もあります。ただし、塩素系漂白剤は入れすぎるとタンクの中の部品が傷んでしまいますので、頻繁に行うのは避けましょう。長期間掃除をしていなかったとき、一気に汚れを解消する手段として使うのがおすすめです。

タンクのフタの内側には水アカがつきますから、酸性のクエン酸で落とします。フタの内側にクエン酸をスプレーし、しばらく置いておきます。数分後、スポンジなどで擦り、あまり落ちていないようならキッチンペーパーにクエン酸をスプレーしたものでパックしたり、クエン酸をスプレーした上からサランラップでパックしたりするとより効果的です。30分ほど放置して、一番汚れのひどい部分をめくり、落ちていなければ再度クエン酸を追加でスプレーし、また30分ほど放置します。これを繰り返し、水アカを落としていきます。

タンクの外側は、便器の外側と同じように家庭用洗剤をスプレーしたいらない布で拭いていきます。もし、便座とタンクの間にホコリが詰まっている場合は、便座を外してホコリを取りましょう。便座の外し方は各便器メーカーのホームページや説明書を参考に行います。それほど難しいものではありませんので、一度覚えておくと掃除が楽になります。

床や壁の掃除ポイントって?

最後に、トイレの床や壁を掃除しましょう。使うたびに水を流す便器の中と異なり、トイレの床や壁は尿が飛び散ってもそのままにしてしまうことが多いため、気づかないうちに汚れてしまいます。基本的には便器と同じように、家庭用洗剤をいらない布に吹きつけたもので拭いていきますが、壁紙や床の材質によっても異なりますので、一度内装工事店などに材質を確認しておくと良いでしょう。

材質がわからないようであれば、目立たない端の部分に家庭用洗剤をつけて、変色したり変質したりすることがないか確認しましょう。洗剤の原液では濃すぎるようなら、洗剤を水で薄めて使います。また、トイレトレーニング中の子どもがたびたび床に尿をこぼしてしまう場合、塩素系漂白剤を水で薄めたもので拭いていくとキレイに掃除ができます。

トイレの床や壁は、日頃から頻繁に掃除を行うのがキレイな状態を保つコツです。トイレに流せるお掃除シートを置いておいたり、クリーナーを置いておいたりして、汚れた場合はサッと拭ける、掃除できるようにしておくと良いでしょう。

トイレの換気扇の掃除ポイントって?

頻繁でなくても構いませんが、年に一度は行うと良いのが換気扇の掃除です。換気扇のスイッチを切り、天井または壁についた換気扇のカバーを外しましょう。一見、天井や壁に埋め込まれているように見える換気扇カバーですが、手前に引っ張ると簡単に取れるタイプが一般的です。カバーが取れたら、濡れ雑巾やウエットティッシュなどで拭き、ほこりを取りましょう。

もし、高い場所で取りにくい場合は、椅子や脚立を使って安全にカバーを取り外します。便器の上は滑りやすく危険ですから、絶対に登らないようにしましょう。換気扇の内部はほこりが溜まっていますので、掃除機で吸い取ります。掃除機が届かない場合は、乾いた雑巾で拭いてほこりを落としましょう。キッチンの換気扇とは異なり、油汚れではありませんので、比較的簡単に汚れを落とせます。

水拭きした換気扇カバーが完全に乾いたら、元通りにつけ直します。濡れたままだと漏電してしまう可能性もありますので、必ず完全に乾燥させてからカバーを戻しましょう。

おわりに:トイレの掃除は、色で区別して酸性・アルカリ性を使い分けよう

トイレの掃除は、黄色の汚れと黒い汚れに大きく分けられ、黄色の汚れはアルカリ性の尿石、黒い汚れは黒カビが主です。いずれも純粋な尿石や黒カビだけではなく、ホコリや雑菌が混ざっているものですが、黄色は酸性、黒はアルカリ性の洗剤で落とせると覚えて構いません。

また、汚れが長期間放置されてこびりついてしまうと、落とすのが大変になってしまいます。汚れたときにサッと拭いたり、毎日こまめに落としたりしましょう。

関連記事:ウォシュレットのノズルをキレイに掃除するコツは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました