アルカリ電解水はどこの掃除で使えばいいの?使えない場所はある?

掃除用洗剤で使うアルカリ電解水お掃除のコツ

近年、「洗剤を使わなくてもキレイになる」と人気のアルカリ電解水は、ドラッグストアやホームセンターだけでなく、100円ショップなどでも見られるようになってきました。では、アルカリ電解水はどんな場所の掃除に効果的なのでしょうか?

この記事では、アルカリ電解水にはどんな特徴があるのか、どんな場所に使えばいいのかなど、掃除方法や使用上の注意まで含めてご紹介します。

アルカリ電解水って?どんな特徴があるの?

アルカリ電解水とは、名前の通りアルカリの性質を持った水でできた洗浄液のことを言います。液体や物質には酸性・中性・アルカリ性という性質があり、酸性とアルカリ性を混ぜると中和してその性質を打ち消し合う、というのは理科で習うとおりですが、この中和という性質を利用して汚れを落とすのがアルカリ電解水です。

「電解水」とは、水を電気のパワーで分解した液体、ということです。水そのものはもともと中性ですが、電気を流すと酸性とアルカリ性に分かれます。そのアルカリ性の部分だけを集めたのがアルカリ電解水で、水だけからできているため、洗剤などによく含まれる界面活性剤などももちろん含まれておらず、キッチンやテーブルなどにも安心して使えます。

汚れの多くは酸性の性質を持っているので、アルカリ性の液をかけると中和して落としやすくなるのです。アルカリ電解水が効果的な酸性の汚れとしては、代表的なもので手アカ・油汚れ皮脂汚れ・食べこぼし・血液・湯アカなどが挙げられます。どれも日常生活で発生しやすい汚れなので、すぐ手の届くところにアルカリ電解水を用意しておくと良いでしょう。

アルカリ電解水を使うメリットって?

汚れを落とすのに洗剤ではなく、アルカリ電解水を使うメリットは主に3つあります。「安全なこと」「二度拭きいらずで手軽なこと」「除菌できること」のそれぞれについて、詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんのおもちゃにも使えるほど安全性が高い

一般的に中性洗剤と呼ばれているものの多くは、界面活性剤が含まれています。そのため、床や換気扇、浴槽など食べ物が関わらないところに使う分には問題ありませんが、キッチンや電子レンジなど食べ物を扱う場所に成分が残り、万が一口に入ってしまうと体に害があるかもしれません。

しかし、アルカリ電解水は水を電気で分解して作ったものなので、成分は水だけです。つまり、掃除した後に拭き残しなどがあっても、体に害を与えるような成分は残らず、口に入るような場所に使ったとしても安全なのです。このため、すぐ何でも口に入れてしまう赤ちゃんやペットのおもちゃや食器にも使えて多くの家庭で重宝されています。

二度拭きいらずで掃除の手間を軽減

前述のようにアルカリ電解水は水からできていますので、乾けば何も残りません。同じように安全性の高い洗浄液としては重曹セスキ炭酸ソーダなども挙げられますが、これらは成分が残ると白い粉となってしまいますので、拭き残しがないようしっかり二度拭きしなくてはなりません。アルカリ電解水は二度拭きの手間がいらないので、掃除の時間や手間を大きく減らせます。

除菌ができる

アルカリ電解水は、酸性・アルカリ性の強さを表すpH(0〜14)の数値が12〜13と言われています。これはちょうど除菌にも使える程度の数値で、食中毒の原因となるO-157やサルモネラ菌などを除菌でき、60秒待てばノロウイルスを不活性化できます。

同じように家庭での食中毒の原因となりやすい「黄色ブドウ球菌」に対しては効果が薄いので、必ずしも万能ではありませんが、一般的な除菌対策としては十分と言えるでしょう。

関連記事:食中毒になったときの症状は?どうやって対処すればいいの?

アルカリ電解水での掃除のやり方は?

アルカリ電解水を効果的に使うには「直接吹きかけて掃除」「布に染み込ませて掃除」の2つのやり方があります。基本的には直接吹きかけ、その後水分を拭き取る方法で構いませんが、汚れを含んだ水がたれてしまうと困る場所や、水を吹きかけるのに向いていない場所の場合は、布にアルカリ電解水を染み込ませて拭きましょう。汚れがひどいときはアルカリ電解水を吹きかけて5分ほど待ち、お湯で絞ったふきんで温めながら拭き取ると良いでしょう。

また、具体的には以下のような場合に使うのがおすすめです。実際にアルカリ電解水を使うときは、ほこりなどの大きな汚れを乾いた布や水拭きで軽く拭き取ってから使いましょう。

毎日の拭き掃除
  • ダイニングテーブルなどに、水拭きの代わりに軽くスプレーして使う
  • 水拭きと同時に除菌もできるので、一石二鳥でキレイにしやすい
  • キッチンやシンク、調理後のコンロの汚れなどにもおすすめ
  • 冷蔵庫やエアコンなどの洗浄・消臭・除菌にも
赤ちゃんがいる家庭で
  • 水洗いも熱湯消毒もできないおもちゃの除菌や、衣類のシミ抜きに使える
  • 赤ちゃんや子どもが食べこぼしたテーブルやベビーチェアなども、スプレーして拭き取りで汚れや雑菌を落とせる
消臭
  • ゴミ出しの後、空になったゴミ箱の中に吹きかけ、キッチンペーパーで拭き取る
  • 二度拭きの必要がないので、イヤなニオイを簡単に消臭・予防できる
タバコのヤニ汚れに
  • ヤニで汚れた場所にシュッとスプレーするとドロドロと溶けて流れる
  • 壁や床にスプレーし、その後拭き取るだけでキレイに落ちる

他にも、汚れやすく油汚れなどの頑固な汚れが溜まりやすいキッチンの床にもアルカリ電解水がおすすめです。吹きつけて15秒くらい待ち、古い歯ブラシで軽くゴシゴシと汚れをこすり落とし、乾いた布で拭き上げましょう。力を入れずにスッキリとキレイになります。もっと広い範囲を一気に掃除するときは、大きめのたわしやナイロンブラシなどでこすると良いでしょう。

アルカリ電解水の使用上の注意点は?

このように便利なアルカリ電解水ですが、アルカリ性を酸性の汚れと中和させて落としやすくするという性質上、アルカリ性の汚れには使えません。例えば「水まわりやポットの中の白く固まった水アカ汚れ」「トイレの黄ばみやニオイ」などです。これらはアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸スプレーで落としましょう。

また、水に濡れると困るものや、タンパク質が分解されてシミになってしまう革製品、黒ずんでしまうアルミや銅にも向いていませんし、テレビ画面・パソコンの液晶モニター・メガネなど、クリアコーティングされているものはコーティングがとれてしまう可能性がありますので、使わないようにしましょう。具体的には、以下のようなものには使えません。

  • 漆器やニス塗りの家具
  • 革製品、シルク製品、毛製品
  • クリアコーティングされたモニターやメガネなど
  • 銅製品、アルミ製品
  • 自動車の塗装面
  • 宝石類

他にも、焦げなどの固まってしまった汚れや、衣類に染みついてしまった経年的なシミ、まな板や食器の漂白には使えません。固まった汚れには重曹を粉末のまま使ってクレンザーのように落とし、衣類に染みついたシミやまな板・ふきん・食器などの漂白には過炭酸ナトリウムを使うのが効果的です。

また、アルカリ電解水は安全性が高い洗浄液ではありますが、それは拭き取った後、乾いた後の話です。手アカや皮脂を中和して落とせる強いアルカリ性の洗浄液ですから、皮膚につくと必要な皮脂まで取りすぎてしまい、肌が荒れてしまう可能性があります。手で直接触ったり他の部分の皮膚にかかったりしないよう、使うときはゴム手袋やマスクをしながら使いましょう。

とくに、液が直接目に入ってしまったりすると非常に危険ですので、スプレーするときはなるべく目線よりも下になるように吹きかけたり、掃除の間は赤ちゃんやペットを近寄らせないように注意が必要です。もちろん、乾いた布で拭き取った後や、水が完全に乾いた後は安全ですので、すぐに使いたいものや場所はなるべく早く拭き取ってしまうのが良いでしょう。

おわりに:アルカリ電解水は手アカ・皮脂汚れ・油汚れなど、酸性の汚れに効果的

アルカリ電解水は文字通り、水を電気で分解してアルカリ性の部分だけを集めた洗浄液ですから、成分は100%水だけでできています。そのため、非常に安全性が高いことに加え、水拭きの手間が要らず、除菌もできる洗浄液として赤ちゃんやペットのいる家庭で重宝されています。

便利なアルカリ電解水ですが、コーティングされたものや銅製品、アルカリ性の汚れには使えません。また、手や皮膚が直接触れないように注意して使いましょう。

Amazon | レック セスキの激落ちくん 400ml (洗浄・除菌・消臭) アルカリ電解水 安心 安全 2度拭き不要 | 激落ちくん | ドラッグストア
レック セスキの激落ちくん 400ml (洗浄・除菌・消臭) アルカリ電解水 安心 安全 2度拭き不要がドラッグストアストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました