排水口の掃除方法 − 場所別でわかる掃除のコツ

排水口の掃除のイメージ画像お掃除のコツ

水が最終的に流れていく場所である排水口は、どうしても洗剤や水アカなどをはじめ、様々な汚れが溜まりやすい場所です。ぬめりやイヤなニオイも発生しやすいため、どうしても触りたくない気持ちからなかなか掃除をする気にもなりにくいでしょう。

そこで、今回は排水口のお掃除ポイントを場所別にご紹介します。キッチン・お風呂・洗濯機の排水口掃除の際にはぜひチェックしてください。

キッチンの排水口の掃除のポイントは?

キッチンの排水口をキレイに保つためには、使った後に毎回掃除をするのが最も手っ取り早いです。食器やシンクまわりも掃除するのに、排水口まで掃除している手間はない、と思う人もいるかもしれませんが、汚れきってから洗うより、毎回手早く洗ってしまった方が結局は負担が少なくて済みます。

排水口掃除の流れは、ゴミ受けに溜まったゴミを捨て、フタやゴミ受けを専用のスポンジに台所用洗剤をつけて洗い、最後に水できれいに洗い流すだけです。もちろん、食器洗い用のスポンジとは分けますが、シンク洗い用のスポンジとは共用でも構いません。約1分程度でできてしまいますので、シンクを洗うついでに洗ってしまいましょう。

そもそも、排水口が詰まったりぬめったり、イヤなニオイがしてしまったりする原因は、調理中や食器洗いの際に食べ物のくずや油などが出ることが原因です。排水口にトラップやゴミ受け、排水口カバーなどがかけられていて、食べ物のくずや油はそこに溜まりますので、放置しているとそこで雑菌が繁殖してしまいます。

そこで、トラップやゴミ受けを毎回片付け、キレイに洗って雑菌が繁殖できないようにしてしまえば、ぬめりやニオイもさっぱり消えます。もし、いま既に排水口が汚れている状態なら、まずは一度徹底的に掃除して、ぬめりやニオイの元になっているゴミや雑菌を除去してしまいましょう。

排水口の掃除に必要なのは、ゴム手袋・台所用中性洗剤・スポンジ・歯ブラシです。準備ができたら、以下の手順で掃除を行います。

1:排水口を洗う
  • ゴム手袋を装着し、排水口カバーを取り外して洗う
  • スポンジに中性洗剤をたっぷり含ませ、表裏ともに丁寧に洗う
2:ゴミ受けを洗う
  • ゴミ受けを取り出し、歯ブラシを使って網目部分の汚れを擦り出して洗い落とす
3:トラップを洗う
  • ゴミ受けの下のトラップを左側(ものによっては右側)に回して外し、中性洗剤と歯ブラシで洗う
4:排水口の中を洗う
  • スポンジや歯ブラシを使い、排水口の中を洗う
  • 洗い終わったら、トラップやゴミ受け・カバーを元に戻し、水で流して終了

ぬめりやニオイが酷い場合は、中性洗剤の代わりに重曹やお酢を使うと落としやすいです。基本は中性洗剤と同じように使って洗い、その後10分程度つけ置き洗いします。重曹やお酢には静菌・除菌効果があり、人体にも影響はほとんどありませんので、ぜひ試してみましょう。また、普段から以下のポイントに注意するとぬめりやニオイ予防になります。

週に1回は掃除する
  • 週に1〜2回は掃除すると、ぬめりやニオイがつきにくくなる
  • 忙しくてなかなかできないという人でも、月に1回は掃除するのがおすすめ
  • ぬめりや汚れを放置したままだと、なかなか取れなくなってしまう
アルミホイルや10円玉を使う
  • 排水口の中に、ネットで包んだ10円玉や丸めたアルミホイルなどを入れておくと、イオン効果で排水口に発生する汚れを防止することもできる

また、そもそもキッチン調理で残った油を流さないということも重要です。油は冷えてくると固まって排水口の内側にこびりつき、水の流れを悪くする原因になってしまいます。もしも流してしまった場合はそのまま放置せず、熱湯を注いで固まった油を溶かしながら流し落としていきましょう。

もちろん、故意に流さなくても、排水口の掃除をしないまま長期間使っていれば少しずつ油分は流れていっていますので、定期的に熱湯を流すと詰まりやぬめりができにくくなります。すると、パイプ洗浄剤を購入したり徹底的な掃除をしたりする費用や手間がなくなりますので、日頃からの対策が重要なのです。

また、思い切ってキッチンの排水口バスケットのフタを取って使う、バスケットを底が浅く丸みを帯びたものに買い換える、なども一つの手です。フタを取ると湿気がこもりにくくなって雑菌が繁殖しにくくなり、バスケットの底が浅く丸いものは乾燥しやすく洗いやすく、汚れを溜めにくいのが特徴です。

底が浅いバスケットならゴミを受けたときには目視しやすいので、すぐに手で取り除くこともできます。ネット状のゴミ受けを使えばさらにゴミを取り除きやすくなります。さらに、食洗機がある家庭なら、金属製のバスケットを毎日洗って簡単に清潔を保てるほか、その時間に排水口を乾燥させることもできますので、これも雑菌の繁殖を抑えることにつながります。

浴室の排水口の掃除のポイントは?

浴室の排水口は、入浴のたびに流れる髪の毛が溜まりやすい場所です。毎日のお風呂掃除の最初に排水口を開けてティッシュや使い捨てビニール手袋で髪の毛を除去しましょう。乾いた状態の排水口なら、サッと除去できます。その際、付着した汚れをティッシュで拭き取ったり、スポンジで擦り落としたりし、髪の毛に石鹸カスや皮脂汚れが絡みついてヘドロ化するのを防ぎましょう。

ぬめりやニオイの原因はカビ、水アカ、石鹸カスや皮脂汚れ、シャンプーなどさまざまな物質が合わさったものです。どうしても完全に水気をなくすことは難しいため、汚れやカビの温床になりやすいのです。お風呂の排水口の掃除には、重曹・お酢・液体石鹸・ゴム手袋・歯ブラシを準備します。準備ができたら、以下の手順で掃除をしていきましょう。

1:カバーを取り外す
  • まず排水口のカバーを取り外し、表面についている髪の毛などを歯ブラシで掃除し、取り除いておく
2:重曹をふりかける
  • カバーと排水口の周辺に重曹をふりかけ、液体石鹸を回しかけてから歯ブラシでこすり洗いする
  • 排水口のカバーが済んだら、排水口の中も歯ブラシで洗っておく
3:お酢をかける
  • 十分にこすり洗いしたら、もう一度重曹をふりかけ、お酢を回しかけて10分程度置いておく
  • 炭酸ソーダが発生するため、重曹のアルカリ洗浄効果が高まる
4:洗い流す
  • 時間が経ったら、水でキレイに洗い流す

液体石鹸の界面活性効果は、重曹と組み合わせるとさらにアップするという特徴があります。そのため、両方使うと皮脂汚れなどの水に溶けにくい汚れも落としやすくなるのです。掃除の後は、湿度でカビや雑菌が発生するのを抑えるため、できるだけ扉や窓を開けたり換気扇を使ったりして、よく換気するようにしましょう。

排水口が詰まってしまったら?

水の流れが悪くなったり、流れなくなったりしてしまったら、排水管にゴミや汚れが固まってくっついてしまっていると考えられます。髪の毛など、見える場所にあるゴミを取り除いても水が流れない場合、いらないタオルとパイプ洗浄剤を用意し、以下の手順で詰まりを解消しましょう。

1:カバーを外す
  • 排水口のカバーやトラップを取り外し、排水管を確認できるようにする
2:パイプ洗浄剤をかける
  • パイプ洗浄剤を回しかけるように排水口に入れ、記載された時間を目安にしばらく放置する
3:お湯をためる
  • 時間がきたらタオルを排水管に詰め、お湯をためる
4:一気にお湯を流す
  • お湯がある程度溜まったら、排水管に詰めておいたタオルを一気に引き抜いてお湯を流す

このようにすると、パイプ洗浄剤で汚れを浮かせるとともに、一気に水を流すことで水圧によって排水管に詰まったゴミや汚れを洗い流せる可能性が高いです。また、普段からごみ取りネットをつけておき、髪の毛や石鹸カスなどの大きな汚れが排水管内に溜まらないようにしておくことも重要です。

もし、浴槽の排水口が詰まってしまったら、まずはラバーカップを使って排水口の詰まりを取り除きましょう。ラバーカップをずれないよう排水口に当て、しっかりと押し込んで排水口の中が真空状態になるようにします。この作業を何度か繰り返していると、排水管に詰まったゴミも取り除けます。水の通りが良くなったら、最後にパイプ洗浄剤で汚れを洗い流しておきましょう。

洗濯機の排水口の掃除のポイントは?

洗濯機の排水口は、他の場所とは異なり、排水ホースがつながれた状態で洗濯機の下にあるという性質上、頻繁に掃除できる場所ではありません。基本的には半年〜1年に1回くらい掃除するのが目安ですが、洗濯機の使い方次第では詰まりやすくなりますので、この期間が経過していなくても掃除が必要になることもあります。

洗濯機の排水口掃除には、重曹と液体石鹸、歯ブラシを準備しましょう。もし、詰まってしまったようならパイプ洗浄剤も用意し、以下の手順で掃除を行います。

1:洗濯機をどかす
  • まず、排水口が見える位置まで洗濯機を動かす
  • 洗濯機のホースには排水トラップがあるため、他の場所とはやや異なるのに注意
2:排水トラップを掃除する
  • 排水トラップに重曹と液体石鹸を振りかけ、汚れを取り除く
  • このとき、排水口が詰まっていればパイプ洗浄剤を使う
  • 詰まっていなければ、排水口の汚れを取り除いてキレイにする
3:洗い流す
  • 排水トラップも排水口も汚れを洗い流し、タオルで拭くなどして乾燥させたら元に戻す

詰まって水が流れなくなると、逆流してしまうこともありますので、詰まる前に定期的に掃除をしておきましょう。

また、洗濯機の排水口を汚さないためには、糸くずフィルターや乾燥フィルターに溜まった汚れをこまめに取り除くことが重要です。これらのフィルターに汚れが溜まったままで洗濯や乾燥をしてしまうと、衣類についていた繊維くずやホコリがフィルターに引っかからず、排水口に流れていってしまいます。

さらに、洗濯機は湿気が多い状態の時間が長く、洗濯槽にカビが生えやすいことにも注意が必要です。洗濯したとき、衣類に茶色いカスがくっついているのを見つけたら、すぐに洗濯槽の掃除を行いましょう。これも市販の洗濯機用の洗剤などを使い、茶色いカスが出る前に定期的に清掃しておくことも大切です。

洗濯に使う洗剤が溶け残ったり、小さな子どもが大きな食べ残しや泥をつけたままの服をそのまま洗濯したりしてしまうと、これらのカスやゴミが排水口に詰まってしまうこともあります。洗剤は使用量を守り、衣類は大きな食べカスや泥汚れなどがついていないか確認し、ついていれば取り除いてから洗濯しましょう。

洗濯機を使った後は、フタを開けてしっかり乾燥させ、カビが繁殖しにくい状態を作りましょう。メーカーによっては自動で洗濯槽を乾燥してくれる洗濯機もありますが、自動で乾燥しないタイプや、洗濯機が動いていないときにはぜひフタをあけて湿気がこもらないようにしておきましょう。

おわりに:排水口の掃除はこまめにするのがもっとも重要

キッチンや浴室の場合、まず日頃からゴミが出たときにサッと取り除き、毎日の掃除の際こまめに清掃してしまうのがもっとも重要です。洗濯機の場合、排水口そのものは毎日掃除するわけにいきませんが、詰まらないようフィルターなどをこまめに掃除します。

排水口の掃除には、重曹や歯ブラシの他、パイプ洗浄剤などが使えます。日常的な掃除には重曹や歯ブラシを使い、水の流れが悪くなったらパイプ洗浄剤で詰まりを解消しましょう。

関連記事:風呂釜の追い焚き配管の掃除ってどうやってすればいいの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました