ナチュラルクリーニングマニュアル|地球・お財布・体にやさしい自然系洗剤を使いこなそう!

サスティナブルなナチュラルクリーニング用洗剤のイメージ画像お掃除のコツ

お家時間の充実化が浸透するようになって、掃除や洗濯への意識も変わってきているようです。なかでもナチュラルクリーニングに興味を持つ人が増えてきているといわれています。これはサスティナブルな生き方へのあこがれやエコへの興味がある人が増えてきていることが関係していますが、体質的な問題も影響しているようです。
注目のナチュラルクリーニングですが、実は節約面でも役立つことを知っていますか。今回は、ナチュラルクリーニングのコツについて解説していきます。節約しながら体質も改善したいという人は参考にしてください。

ナチュラルクリーニングとナチュラルクリーナー

ナチュラルクリーニングとは、自然由来の素材を使って掃除や洗濯をすることです。自然由来の素材「ナチュラルクリーナー」の代表的なものは、石けん、重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム、アルコール(エタノール)、アルカリ電解水であり、いわゆる合成洗剤(界面活性剤)を使っていない製品になります。カジトク編集部もチェックしている本橋ひろえさんが発信していることでも有名ですね。

ナチュラル―と聞くと「汚れが落ちない」と感じる人もいるかもしれませんが、汚れの性質によって使い分ける「化学的な理論」がもとになっているので、合成洗剤ほどではありませんが十分な洗浄力を持っています。基本的には「酸性の汚れ(皮脂汚れ・油汚れ)はアルカリ性」「アルカリ性(水垢・カルキ汚れ・石けんカス・尿石・便器の黄ばみ)の汚れは酸性」で落とします。大切なのは「どう使い分けるか」ということです。

重曹

重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、掃除や洗濯以外にもベーキングパウダーやアク抜きとして料理にも使われています。酸性の汚れを落とすアルカリ性クリーナーですが、弱アルカリ性でお肌にやさしく、安心して使えるというのがメリットです。また、家庭の汚れの大半は酸性の汚れなので、幅広い場所で使用できることも嬉しいですね。消臭効果も期待でき、水に完全に溶かしきらずに使えば、研磨剤にもなります。

関連記事:重曹はどんな掃除におすすめ?どうやって使えばいいの?

クエン酸

クエン酸も代表的はナチュラルクリーナーです。酸性の力でアルカリ性の汚れを落とします。水垢やカルキ汚れ、便器の黄ばみなどのアルカリ性の汚れは、アルカリ性洗剤や界面活性剤では落とせないので、お家をピカピカにするなら必須のナチュラルクリーナーといえるでしょう。クエン酸自体は、レモンなどの柑橘類、梅干し、お酢などの酸味のもとになる成分なので、安心して使えます。

関連記事:クエン酸は掃除でどんな活躍ができる?使い方のコツは?

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは、重曹よりも強いアルカリ性を持つナチュラルクリーナーです。重曹よりも水に溶けやすく、ベトベトした強い油汚れがある換気扇やガスレンジなどの掃除で活躍します。血液汚れやしつこい皮脂汚れ、汗ジミにも使えるので、洗濯洗剤としてもおすすめです。

関連記事:セスキ炭酸ソーダはどんな掃除におすすめ?使い方のコツはある?

過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムは「酸素系漂白剤」の主成分として使われているナチュラルクリーナーです。アルカリ性が強いため、より強い油汚れを落とすのに向いています。ハイターなど塩素系漂白剤よりも衣類に負担をかけずに漂白できるので、漂白剤としても使い勝手が良いです。軽い黄ばみやニオイは普通のお洗濯でも力を発揮します。ちなみに、40度以上のお湯で溶かすと活性化して漂白力が増すので、より丁寧にお手入れしたいときはお湯を使うことをおすすめします。

関連記事:過炭酸ナトリウムは掃除でも使えるって本当?

アルコール(エタノール)

アルコール(エターノール)をナチュラルクリーナーに入れるのは意見が分かれるところですありますが、自然由来の成分ともいえるのでここではナチュラルクリーナーとして紹介します。
アルコール自体は中性ですが油を溶かす性質を持っていて、その力で皮脂汚れや油汚れを落とします。また、カビや細菌、ウイルスの消毒殺菌効果でも有名ですね(全てを消毒殺菌できるわけではありません)。最近は、消毒殺菌効果を高めるために、中性のアルコールを酸性もしくはアルカリ性にしている商品も出てきています。

関連記事:消毒用アルコールが掃除でも使えるって本当?

アルカリ電解水

アルカリ電解水もナチュラルクリーナーとして扱うのに意見が分かれますが、使い勝手がよく安全性も高いので、ここではナチュラルクリーナーとして紹介します。
アルカリ電解水は、水を電気分解することでアルカリ性にしたものです。洗剤成分が入ってなく、使用後しばらくすると水に戻るため処理が簡単なのが大きなメリットです(直接お肌にかけることはできません)。強いアルカリ性なので汚れを落とす力も強く、消臭や除菌としても使えます。

関連記事:アルカリ電解水はどこの掃除で使えばいいの?使えない場所はある?

ナチュラルクリーニングで節約もできる?

ナチュラルクリーナー自体は、100円ショップで手に入るものばかりです。ちなみに大容量で購入すれば、さらに安価で仕入れられます。どれも保存がきくので、より節約したい人は大容量サイズを購入することをおすすめします。また、すすぎや拭き取りなどの後処理の手間が少なくできるので、水道料金や時間の節約にも役立ちます。

ただし、間違った使い方をすると、汚れがうまく落とせなかったり、後処理に手間がかかったりして、お金や時間の無駄になってしまうことがあります。ナチュラルクリーニングで節約するには、使い方のコツを知っておくことが大切です。

ナチュラルクリーニング キッチン編

食器洗い

通常の汚れの食器洗いであれば、無添加の石けんか重曹を使いましょう。ただし、石けんは天然素材であっても界面活性剤ですし、泡切れもよくありません。お肌を守って節約したいなら、重曹を使うことをおすすめします。お皿やコップなどは水によく溶かしたもの、お鍋など油汚れや焦げつき汚れがあるものには粉末というように、使い分けると、より節約につながります。

キッチン家電・ガスレンジ

電子レンジやトースター、換気扇など、油汚れがメインの電化製品やガスレンジには重曹をメインで使いましょう。重曹では落ちない油汚れや焦げつき汚れには、セスキ炭酸ソーダやアルカリ電解水で対応できます。電気ポットなど水垢やカルキ汚れが目立つものにはクエン酸が有効です。

ただし、スチームオーブンのように水を使うものはアルカリ性の汚れもつくので、クエン酸を使ったお手入れも必要です(説明書に書いているので必ず目を通すことが大切)。併用すると、どちらの汚れやニオイにも対応できるので、メインとサブで使い分けるようにしてください。

シンク・排水口

シンクや排水口は、酸性の汚れ(油汚れ)とアルカリ性の汚れ(水垢・カルキ汚れ)が混在する場所です。毎日のお手入れは重曹で、週1〜2回もしくは月2〜3回セスキ炭酸ソーダか過炭酸ナトリウムで排水溝のお手入れをして、酸性汚れや酸性の悪臭を徹底的に除去しましょう。

重曹掃除の後にクエン酸で仕上げをすると、水垢やカルキ汚れ対策になります。できれば毎日してほしいですが、難しい場合はできる範囲(可能ならば週数回)で行うようにしてください。

ナチュラルクリーニング お風呂編

浴室・浴槽

浴室・浴槽も酸性の汚れ(皮脂汚れ)とアルカリ性の汚れ(水垢・カルキ汚れ・石けん残り)が混在する場所です。重曹かセスキ炭酸ソーダ水溶液とクエン酸水溶液で、壁・床・浴槽まできちんと掃除しましょう。アルカリ性の汚れがつきやすいシャワーやカランなどはクエン酸掃除を徹底してください。

重曹やセスキ炭酸ソーダで落ちない汚れは、過炭酸ナトリウム水溶液に浸したキッチンペーオアーを貼り付けラップで覆う「過炭酸ナトリウムパック」をして落としましょう。ちなみに、クエン酸も同様にパックができますので、しつこい汚れに試してみてください。

排水口

排水口のナチュラルクリーニングには、過炭酸ナトリウムを使いましょう。過炭酸ナトリウムはお湯のほうが洗浄力が高まるので、節約の意味でもお風呂の残りを使ってもいいでしょう(お風呂のお湯が汚れている、入浴剤を使っている場合は適さない場合もあり)。過炭酸ナトリウムは、ナチュラルクリーナーのなかでは強い洗浄力がありますが、ひどい汚れには対応できないこともあります。汚れがひどくならないように、こまめに掃除することが大切です。

カビ対策

お風呂のカビに対しては、過炭酸ナトリウムパックを使いましょう。また、アルコール消毒もある程度の効果が期待できます。

ただし、ナチュラルクリーナーが対応できるのは、表面のカビです。奥まで根が張ったカビは基本的には塩素系漂白剤かカビクリーナーが必要になります。カビがひどくならないように、毎日の掃除と残り水の拭き取りを徹底しましょう。

ナチュラルクリーニング お洗濯編

毎日のお洗濯

毎日のお洗濯では、複数のナチュラルクリーナーを併用することをおすすめします。これは、お洗濯には酸性の汚れとアルカリ性の汚れが混在しているからです。とくに「ニオイ」に関しては、併用が必須です。洗濯洗剤の代わりとして重曹(もしくは洗濯洗剤と重曹のミックス)を使い、重曹で落ちない汚れに対しては、セスキ炭酸ソーダを使用します。すすぎの後、仕上げにクエン酸を投入して消臭対策をしましょう。

よりディープな洗浄力が欲しい、シミや消臭対策をしたい場合は、漂白剤として過炭酸ナトリウムを使用してください。

洗濯機のお手入れ

洗濯機のお手入れには、重曹よりも洗浄力が高い過炭酸ナトリウムを使いましょう。過炭酸ナトリウムは40度以上になると効果がアップするので、できればお湯を使うようにしてください。お湯をためて過炭酸ナトリウムを投入し、2〜3時間放置した後に浮いてきた汚れを取り除き、洗濯機を回せば終了です。ただし、ドラム式洗濯機ではできない場合があるので注意してください。
また、洗濯石けんを使っている場合は石けん残りができやすので、クエン酸を使ったお手入れも行いましょう。

おわりに:ナチュラルクリーナーでこまめに掃除すると節約もできる

ナチュラルクリーナーは、合成洗剤を使った洗剤よりも洗浄力は落ちますが、通常の汚れであれば十分に落とせます。大切なのは適切な使い方をすることと、こまめに掃除・お手入れをすることです。汚れをためてしまうと、結局合成洗剤や業者に頼ることになってしまい、手間もお金もかかってしまうことになります。

汚れやカビは病気の原因にもなるので、合成洗剤の使用を頑なに止めるわけではありませんが、お肌のトラブルを改善したい人や節約したい人、エコやサスティナブルに興味がある人にはナチュラルクリーナーがおすすめです。ほんの少し手間をかけることを習慣づけて、大きな手間とコスト節約し、地球にも自分にもお財布にもやさしい生活にシフトしてみてください。

関連記事:洗濯洗剤「海へ」をうまく使いこなして、体も地球にもやさしくなろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました